お知らせ


Purpose

イベントの目的
健康フェスタ開催趣旨
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2004年8月1日、尾張旭市は「健康都市宣言」するとともに、毎年4月29日を「尾張旭市 健康の日」と定めました。
「尾張旭市 健康の日」をきっかけに、市民の皆さんに「健康都市」の理解を深めていただき、市を挙げて「健康都市」を発信するため、行政、医療関係者、民間企業及び市民団体等が連携して「健康フェスタ」を開催します。

健康都市×SDGs
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今年は、SDGsをテーマに、維摩池周辺でのリアルイベントをはじめ、市内を巡るSDGsキーワードラリー、健康都市・SDGs企画展示など、さまざまなイベントを繰り広げます。
さらに、新型コロナウイルス感染症対策として、オンライン企画も用意しています。会場にお越しになれない方も、ご自宅で動画やクイズ、川柳などをお楽しみください。
あさひ健康フェスタで、ウォーキングに参加する、SDGsを学ぶ、食を楽しむ、オンラインで尾張旭を知る、企画展示でまちづくりについて考えるなど、いろいろなイベントに参加して、健康都市を体感してください。

「健康都市」って何?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「健康」と聞くと、体が元気というイメージが強いとは思いますが、「健康都市」とは、それだけではありません。
WHOが提唱する「健康都市」は、健康を個人の責任としてのみ捉えるのではなく、都市そのものの健康を通して市民の健康を目指す都市のことです。
外に出かけることで新しい発見をして、心が豊かになったり。人と人とのふれあいを通してまちが活気にあふれたり…そんな風に「体・心・まち」の健康を高めることが、尾張旭市の目指す「健康都市」です。

SDGsって何?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

SDGs(Sustainable Development Goals)は2015年に国連で採択された2030年までの国際目標で、日本語表記は「持続可能な開発目標」です。
持続可能な世界を実現させるための17のゴールで構成され、「地球上の誰一人として取り残さない」ことを誓っています。
「からだ」「こころ」「まち」の健康をめざす尾張旭市の健康都市の取り組みは、SDGsの目標につながっています。

協力団体・企業一覧

(五十音順)

アグリ生活研究

旭ろうさい病院

イトーヨーカドー尾張旭店

大塚製薬(株)

尾張旭市健康づくり食生活改善協議会

尾張旭市健康づくり推進員会

尾張旭市シニアクラブ連合会

(社福)尾張旭市社会福祉協議会

尾張旭市少年少女発明クラブ

尾張旭市地域婦人団体連絡協議会

尾張旭市保養センター尾張あさひ苑

尾張旭防災リーダー会

(学)菊武学園 名古屋経営短期大学

コープあいち

公立陶生病院

高齢者趣味の作業所

JAあいち尾東

JAあいち尾東産直友の会

JAあいち尾東女性部

循環型生活研究会(ラブリ)

瀬戸保健所

地域包括支援センター

なごやかステーション

名古屋鉄道(株)

生ゴミ資源化協力隊

(株)ハートリフォーレ福祉サービス心暖

日立オムロンターミナルソリューションズ(株)

ひまわり福祉会 ひまわり

豊栄交通(株)

ミズノ(株)

(株)ムーンワーカー

NPO法人よつ葉